スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつ病の原因と治療(その2)

うつ病以外の精神疾患による抑うつ状態

これが意外に見落とされているケースがあります。
抑うつ状態は統合失調症双極性障害といった、うつ病以外の精神疾患でも起こります。
このような場合は、抗うつ薬ではなく抗精神病薬、気分安定剤で治療しなければなりませんので、やはり専門家の診察を受けることが必要です。

うつ病と気分変調症

気分変調症は、慢性的で軽度な抑うつ状態、生活全般にわたって興味の消失や何事も楽しめないという気分とともに、以下のような症状が見られます。

食欲の不振または過食
不眠または過眠
疲労感の持続(倦怠感)
自分は価値がない、自信が持てない(自尊心の低下)
自己嫌悪感や罪悪感を伴う
集中力の低下
決断を下すのが困難
絶望感を覚える


 これらの症状のうち、少なくとも2つの症状を常に呈し、それがほぼ毎日続き、途中で普通の気分の期間があっても、2年以上症状が続きます。気分変調症の特徴として、気分の落ち込みや、気力や集中力の低下など、うつ病特有の抑うつ気分はみられるものの、楽しいことがあると一時的に気分が明るくなる「気分反応性」が見られることから、定型うつ病とは異なっている点です。

 いま、うつ病が急増していて治療を受けている人が多い中で、「医者からもらっている薬を長年飲んでいるが、なかなか良くならない」という患者の中には、気分変調症に罹っている人も決して少なくありません。
日常的な憂うつ感、くよくよした気分を病む、生活上に喜びを感じない、不適切な思い込みがみられるなど、これらの症状が他の精神疾患では説明出来ない場合、気分変調症と考えるのが妥当と思われます。

気分変調症の疫学

 気分変調症の生涯有病率は約6%で、時点有病率は約3%と言われます。人口の約6%は、16~17人に1人の割合でこの病気にかかっていることになります。また女性では、男性の2~3倍多いとされていますが、小児では性差がないと言われます。さらに、気分変調性障害患者の家族の84%に大うつ病などの気分障害があるとも言われています。

抑うつ症状の治療はSSRIだけでは不十分

ここが一番大切な部分ですが、抑うつ=セロトニン不足と実に短絡的な誤解が世の中に蔓延しています。
抑うつの原因は多彩で、治療方法も一人一人違ってきます。この点をよく理解しないと「うつ病」の治療は進みません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
最新記事
プロフィール

精神科医師 林隆博

Author:精神科医師 林隆博
静岡県の精神科医師です。企業のストレスチェックを引き受けています。

西焼津クリニック
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
7324位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
1704位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。